設計計測事業

設備ルート設計 / 支障移転設計

設備ルート設計

既設情報通信設備の有効活用を図った基本検討を現場調査から実施して、情報通信ルートの問題解消の提案サポートをします。

①基本検討現場調査
迂回ルートや新設ルートを含めた、面的な調査を実施します。
②複数案の基本検討の実施
基盤GD(グランドデザイン)を踏まえた信頼性のある基本検討を実施します。

特殊区間

幹線道路占用
幹線道路占用
軌道越し占用
軌道越し占用

支障移転設計(橋梁の情報通信添架設備/専用橋/特殊情報通信桝)

河川改修などによる橋梁架け替え工事に伴う、新設の情報通信添架設備・専用橋・情報通信桝の特殊設計をします。

イメージ(横断)

①検討案の作成
添架方法・専用橋の形態を検討して、設計方針の提案をします。
②構造計算
決定方針に伴い、各種重量(情報通信管路,ケーブル,金物,耐火防護)より構造計算を実施して安全に占用できるかチェックします。
③設計図作成
CADによる設計図面(平面,縦断,断面,詳細,数量表)を作成します。

管路位置計測システム(PPS: Pipe Positioning System)

  • 特許出願中
  • ロボット学会発表

管路内に挿入した反射板をカメラで撮影し、その画像情報をもとに管路の位置(絶対座標)を連続して取得する技術です。

管路位置計測システム(PPS: Pipe Positioning System)

特徴

情報通信管路位置の絶対座標を取得
連続性を持った座標データであるため、システム上で維持管理することができます。
特別な専門スキルが不要
情報通信桝内での作業に従事している作業員であれば計測できます。
安全作業
基本的に情報通信桝内の計測作業であるため、道路上での作業を低減できます。
イメージ(横断)
イメージ(横断)
それぞれの円の中心位置から情報通信管路位置を計測
それぞれの円の中心位置から情報通信管路位置を計測

PPS受注実績

業 務 実施年度 実施工程 実施場所
1.陳腐化図面整備業務(地上構造物有) 2019年度 3スパン 茨城
2.PPS(技術・能率)検証工事 2019年度 3スパン 京都・兵庫
3.高深度管路(立坑取付管等)図面整備 2020年度 10スパン 東京
4.PPS(技術・能率)検証工事 2020年度 2スパン 大阪
5.高深度管路位置探査業務(近接協議対応) 2021年度 1スパン 東京
6.陳腐化図面整備業務(地上構造物有) 2021年度 2スパン 石川

将来イメージ

情報通信管路の絶対座標(x,y,z)をデータベース化することができるため、
GPS受信機によって現地の情報通信管路位置および土被りを把握することができます。

  • GPS受信機によって現地の情報通信管路位置および土被りを把握することができます。
  • NTEC線_1MHGPS受信機によって現地の情報通信管路位置および土被りを把握することができます。

地下埋設物調査技術(エスパー調査)

試掘に替わる探査ツールとして、非開削で埋設管路の位置を探査する電磁波法の探査技術であり、空洞調査も可能です。

エスパー

エスパー

原理

地上を移動しながら送信アンテナから地中に電磁波を送信します。
電磁波は地中にある埋設管や異物、空洞や土質の境界面で反射し、反射した電磁波を受信アンテナで受信することで埋設管等の位置・深さなどを探査することができます。

  • エスパー
  • エスパー

ソニックエスパー

ソニックエスパー

原理

広帯域超音波を発信,受信をして、周波数フィルターによって骨材,気泡の影響を除去することで、コンクリート版厚やひび割れ幅の深さを計測します。
また、内部の劣化(ジャンカ,空洞)も診断も可能です。

  • ソニックエスパー1
  • ソニックエスパー2

電線共同溝等 管理台帳の3Dモデル化(開発中)

  • 電線共同溝等 管理台帳の3Dモデル化
  • 電線共同溝等 管理台帳の3Dモデル化 PPSで情報通信設備(管路/MH)の絶対位置の把握
    <3D化した場合(赤線)>

特徴

①位置情報を持った道路構造物(地上部)の3Dモデル化
「車両搭載の各種計測器による計測/3Dレーダーによる点群データ」から地上部立体図の作成
②情報通信設備(地下埋設物)位置の絶対座標による3Dモデル化(前提:地上部との位置情報の整合)
「PPS/エスパー調査による情報通信設備の絶対座標」から埋設物3Dモデル図の作成
③地上部及び地下埋設物の位置情報の整合を図った3Dモデル管理図面の作成(管理用属性データ付与)
上記①及び②による地上部及び地下埋設物の3Dモデル(融合)図の作成

TOP